有効活用してみよう!信用取引の実践テクニック

信用買いで投資効率を高めよう

信用取引では、自己資金よりも大きな金額で株式を売買できるというレバレッジのメリットが大きいですよね。100万円を信用取引の口座に入れていると、大体300万円までの株式を売買できるようになり、現物取引をするよりも3倍の利益が期待できるようになります。好業績が期待されている決算発表前に仕込んでおけば、短期で大きな利益を得られることも。ただし、損失の金額も3倍のリスクとなり、貸株料や金利などの信用取引ならではの手数料が発生することを覚えておきましょう。

信用売りを極めて手堅く利益を得よう

信用取引では、現物取引にはない信用売りという取引が可能になりますよね。現物取引や信用買いの取引では、安く買って高く売るというセオリーですが、信用売りでは全く逆のセオリーとなります。業績の見通しが悪い企業や、業績の割には上がり過ぎているような企業の銘柄を選んで信用売りを行えば、高い確率で利益になることが期待できるでしょう。ただし、信用売りが多い銘柄では、貸株料以外に逆日歩という特別な手数料も必要になる場合もありますので、銘柄選定には十分気をつけましょうね。

株主優待の権利取りのリスクを減らそう

株主優待の権利を取るには、現物株を保有しなければなりませんよね。人気の銘柄の場合は、株主優待を得ようとする人が多く、権利日翌日には権利を取った人が一斉に売却に動きますので、大きく値を下げてしまうことが一般的です。こうした株価下落リスクを軽減させるためには、現物株を保有し、その保有株と同数で同値以上で信用売りを行えば両建てというリスクフリーのポジションが出来上がり、権利日翌日にどれだけ株価が値下がりしても、信用売りで利益が出ますので、損失はなくなるのです。ポジションを解消するには、お互いのポジションを現受け渡しという方法で処理すると売買手数料も節約できますよ。

株で信用取引を行うと持っているお金よりも多くの金額を扱うことができるようになります。利益も損失も大きくなります。