独立開業もできる!?難易度の高い司法書士の資格

司法書士になるにはどうするか

司法書士になるためには司法書士国家試験をパスする必要があります。司法書士試験をパスするためには国家試験を受験して合格する方法と、裁判所や検察に法務事務官などで一定年数勤務して法務大臣に司法書士と認定してもらう方法があります。試験を受けて司法書士になる人が圧倒的ですから、大抵の場合受験対策をして試験合格を目指すことになります。勉強の際には法律の知識をかなり広範囲で覚える必要があるのでそれなりの時間が必要です。

司法書士の業務について

司法書士の業務は登記や供託の手続きの代理と法務局や裁判所に提出する各種書類の申請提出の代理です。これらの業務は司法書士以外の人物が行うことは出来ませんので司法書士の独占業務になります。その他の付随業務には後見人に遺言執行者や管財人などの業務があります。また認定司法書士として認定を受けることで簡裁訴訟代理などの業務に従事できるようになります。司法書士は不動産登記や会社登記や財産問題などのスペシャリストです。

司法書士の資格取得対策

司法書士の資格取得対策を行うには、大学で法学を学んだ人とそうでない人の場合では若干対策方法が違います。大学で法律学を学んだ人の場合には法律の基礎的な知識は習得済みですから、応用問題から取り組み徐々に知識を習得していくことになります。これまで法律を学んだことがない人の場合は、法律の基礎からしっかりと学ぶ必要があるので、最初は基礎知識をみっちり覚えることになります。学習方法は通信教育や通学講座などで学べます。

司法書士の試験とは、合格することによって、日本司法書士連合会に登録することができる難関な試験になります。