心理学のプロを目指すなら大学の学部選択から

心理学を勉強したい理由は?

誰かに心理テストをされる時はどんな結果になるのかドキドキして答えが出たとたんに(自分はこんなことを考えてたの?)とびっくりした経験を持つ人もいるでしょう。心理学に興味を持つ人も増えているようです。心理学を学びたい理由には、周囲の人とのコミュニケーションの取り方を知りたい、どうしたらストレス無く生活できるか悩んでいる、と言った理由もありますが、自分自身の心を知りたいという理由が最も多いようです。学ぶだけでなく資格を目指す人も増えています。

心理学の資格をとるために

心理学に関する資格は認定心理士と臨床心理士があります。認定心理士は大学を卒業して学士となり、心理学科を専攻して心理学に関する科目を36単位以上取得していれば大学卒業と共に得られる資格です。臨床心理士は大学院(修士課程)で臨床心理学プログラムを修了し、1年間の実務経験を積めば日本臨床心理士資格認定協会の受験資格を得られ、合格して資格取得となります。臨床心理士となれば多くの分野の職場でカウンセリング等の業務を行えるようになります。

心理学を学べる大学とは

臨床心理士を目指すならまず心理学を学べる大学に入るのが近道です。一口に心理学と言っても将来学校で働きたい、企業のカウンセリングをしたい、病院や保健所で働きたい等、分野は様々です。将来どんな分野で働きたいかを考えて学部を選びましょう。教育学部や社会福祉学部、文学部、臨床心理学部等があり、そのまま大学院で心理学を更に深く学べるのかどうかも調べて入学を決めましょう。働きながら学びたい人なら放送大学の通信制の形で大学院まで必要な科目が学べます。

心理学の大学を卒業して心理カウンセラーの資格を取得すれば心療内科や精神内科などで働くことができます。